TEL 0847-52-2441 フリーダイヤル 0120-68-7182

〒726-0012広島県府中市中須町15-5

さの歯科医院│広島県府中市の歯医者│ホワイトニングで白い歯 お口の健康を地域の皆様にご提供

歯周病

当院の特徴

歯周病について

歯周病は主にプラーク(歯垢)や歯石中の細菌が原因で歯の周りの組織に炎症(腫れ)や破壊が起こる病気で、実に成人の約70~80%のひとがかかっているといわれています。

歯周病は軽度~重度までさまざまな段階があります。

歯周病の進行

歯は頭の部分(歯冠)と根の部分(歯根)に分けられます。歯根は歯の周りの骨(歯槽骨)に支えられ、その上を歯肉(歯グキ)が被っています。歯と歯肉の間のみぞを歯肉溝といい、健康に近い状態でその深さは1~2mm位あります。

歯周病の進行1

歯の周りに歯垢(プラーク)や歯石がたまってくるとその中の細菌の影響で歯肉が腫れて歯肉炎の状態になります。歯肉炎になると少しの刺激で出血しやすくなります。進行すると軽度の歯周炎へ移行して歯と歯肉の溝も3mm以上に深くなって歯周ポケットと呼ばれるようになってきます。まだこの歯周病の初期段階では歯垢や歯石をきれいに取り除くことで炎症が軽くなり状態が改善される場合がほとんどです。

歯周病の進行2歯周病の進行3

さらに進行すると根を支える歯槽骨の破壊も進み、歯周ポケットの深さが5~6mmほどになり中等度の歯周病になります。この段階になると歯垢など細菌数も増加し、出血に加えて口臭、歯のぐらつき、膿が出るといった症状が出やすくなります。細菌が歯周ポケット内で異常繁殖していることが多く、単に見える部分の歯垢・歯石を取り除くだけでは不充分となります。

歯周病の進行4

重度になると、歯槽骨の大部分が破壊されて歯周ポケットが6mm以上になり歯を支えられなくなります。ぐらつきも縦や横に大きくなってきます。ここまで進行すると、歯自体が細菌の巣に近い状態となり、ひどく腫れたり痛みがでやすくなります。ほとんどの場合で抜歯が適応になります。

歯周病の進行5歯周病の進行6

全身的な病気との関係

最近、歯周病などの口の中の病気は主にその原因菌の影響で、全身的な病気との密接な関係があることが分かってきています。現在までに、口の中の病気との関連が報告されている全身的な病気として、主に次のものがあります。

歯周病菌と全身的な病気と相互に影響しあうもの

糖尿病

歯周病菌が全身に影響を及ぼすもの

呼吸器系の病気 誤嚥性肺炎
心臓・血管の病気 心内膜炎 動脈硬化 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)
胃の病気 胃潰瘍
子 宮 早期低体重児出産(早産)

もはや歯周病やムシ歯などの病気は、口の中だけの病気ではありません。思わぬところで全身に悪影響を及ぼしています。歯周病菌などの細菌は短い時間に爆発的に増殖していきます。口の中で増殖した細菌は唾液や食物とともに体内に、また出血部位から血管内に入り込んで、ほかの臓器で悪いことをして生命に危険が及ぶこともあります。全身の健康のためにはまずお口の中の健康を保つことが重要となりますので、最低でも3ヶ月~半年に一度はお口の中の定期健診や歯石除去などのケアを受けるようにしましょう。

PageTopへ